パワーストーンイメージ

パワーストーンは人生のギフト

人がパワーストーンに興味を抱くのはどのような時でしょうか。
その美しに魅せられて、とか、なんとなく興味本位で、とかいう場合もあると思いますが、私の場合は、人生に様々な困難が襲い掛かってきている時でした。
親しい人たちが次々に災難に襲われ、自分の体調も悪く、どうしたらいいのか全くわからない・・生きていると誰でも一度や二度はそういう時が来るのだと思いますが、当時まだ若い私には、本当にどうしていいのか、何を信じていいのか、全くわかりませんでした。
ある日ふと、近所にパワーストーンのお店があることに気がつきました。
昔からある商店街の中の、空き店舗だったところに最近できたお店でした。
お店自体が小さく、たくさん種類はおいてなくて、こじんまりしたお店。
当時、確かにひどく私は落ち込んでいたのですが、パワーストーンになんとかしてほしい、救ってほしいというような気持ちはありませんでした。
やはりそういう考えは非科学的だし、あまりいいものではないと思っていたのです。
ただ、そのお店の佇まいの良さと、そのお店に置いてあるパワーストーンの美しさに単純に惹かれて足を踏み入れたのです。
とても気持ちのいいお店でした。
店員さんも何も売り込みに来ず、かといって無関心でもなく、さまざまな石の説明を淡々としてくださいました。
私はその時、実家への贈り物として、小さな水晶を一つ買いました。
大きなものではなく、ビー玉より心持大きいかなというくらいのものです。
勿論それほど高価なものではありませんでした。
実家ではその水晶を玄関の下駄箱の上に飾っていました。
実家の玄関はよく日が入るので、その日光をうけて水晶はキラキラと光ってとても綺麗でした。
なんとなしに、その水晶を眺めていると、私も欲しくなりました。
またそのお店に行って、同じような水晶を探していましたが、やはり天然のものなので全く同じものはないそうで、実家のものよりは少し大きめの水晶を探して買って帰りました。
私の家の、日のあたるリビングの棚の上に、水晶を置いてみました。
やはり日の光を受けて、水晶はキラキラと素敵に輝きました。
とても綺麗だと思いました。
ただそれだけの事です。
ただそれだけの事で、周りにおこった困難も、私の体調も、劇的に良い方向に変わるということはありませんでした。
ただ、私の気持ちが、ほんの少し明るい方向へと向きました。
キラキラと光っている綺麗な水晶を眺めている時は、暗い想像をすることがなくなりました。
また、パワーストーンの相性の悪い組み合わせはあるそうなので、それには注意しましょう。
綺麗な水晶の周りを掃除したくなりました。
今までは体調不良と落ち込みを理由にして、なかなか掃除もしなかったのです。
部屋がきれいになって、窓を開けると、新しい風が入ってくるのがわかりました。
今、私の周りの様々な問題が、それぞれあるべきところに落ち着きつつあります。
あの時、私の顔を、ほんの少しあげさせてくれた水晶は、棚の中にあってキラキラと光っています。
ただのきっかけにすぎないのかもしれません。
でも、この水晶は、私にとって、人生の素敵なギフトだった、と感じています。
また、パワーストーンの浄化は怠らずしっかりすることが大切です。

Copyright(C) 2010 ◯◯.com All Rights Reserved.